奄美大島観光物産協会公式ブログ 奄美のモノもの

久々にブログにおじゃまします。
少し涼しくなってきましたね。
今日はかわいいい紬姿を紹介しようと思います。a0039721_13522974.jpg

英語の授業を受けなくなって○○年。ほとんど英語をしゃべれない私が、今年なんとホームステイの受け入れをしました。テキサスの14歳の女の子です。おぼろげな記憶と携帯の辞書機能や現役の娘の助けを借りながら言葉探しの毎日でした。(電子手帳買っておけばよかった・・・)。
She was very cute girl で、せっかくだから紬の体験をさせたいと思い、Do you try putting on the tumugi? と聞くと、にこにことYes。
そこで、最終日に紬の着付けをしてあげました。Are you ok?tight?loosely?と聞きながら、完成。細帯を2枚重ねているだけなのでさほどきつくはなかったはず。
せっかくなので人に見てもらいたくて、ものすごい土砂降りの中ながら、We went to Amami Cultural Center。そこでプチ撮影会take a pictureとなったのでした。

a0039721_1351812.jpg
a0039721_13515118.jpg
足袋はきついかもと足袋ソックスにして、無理のないように今流行のクロ○○スをはかせて行きました(もちろん撮影は草履で)。イベント直後のおばちゃんたちに出会い、かわいいかわいいと褒めてもらい、She looked a fashion model and looked happyでした。
a0039721_13535482.jpg
この竜郷柄の紬は姑から受け継いだもので、私、娘、娘の友達、彼女ともう何人も袖を通している紬です。年齢でいうと10歳から60歳といったところでしょうか。みんなよく似合います。紬は軽いし、頑張った着こなしも気楽な着こなしもできるのがいい所ですね。
ついでに、Architect(建築家、どうしても発音できなかった私)になりたいという夢を持っている彼女にTakakura and Tumugi is very important Symbol of amamiとして建物にdesignされていることをどうにかこうにか説明をしました。

a0039721_13544442.jpga0039721_14185885.jpg

もちろん、We proud of tumugiも。

             by なりむち  下手な英語はお許しを・・・
[PR]

by amamikankoubussan | 2008-08-31 14:25 | 大島紬

<< 八月踊り体験!!    2008 泥染体験  ひとりひ... >>