奄美大島観光物産協会公式ブログ 奄美のモノもの

先週の木曜日
見学してきました  「紬講座」

会場である名瀬中央公民館に行くと、もうすでに受講生達が集まっていました。

講師である内山初美さんは
「奄美の誇りである 本場奄美大島紬のことを
  たくさんの人に 知ってほしい」 とあつく語った!!

受講生は 年代も 紬との関わり合いも幅ひろい
奄美で生まれ 育ち 大島紬を身近に見てきた方
母が残した機むん(はたむん:機織り機)でいつか紬を織るのが夢という方
その歴史やデザインの成り立ちに興味があるという方
Uターンして 大島紬だけでなく、「奄美」に 熱い思いを抱いている方
Iターンして、大島紬について知りたいと思った方・・・


第1回目の講座 タイトルは 「紬に触れる」

内山先生の用意した いろんなデザインのハギレがみんなの手元にわたる
大島紬のハギレを見て、触れて 感想を出し合った

渋い 柄が細かい 光沢がきれい 手触りがいい デザインがかわいい・・・

それぞれに感想を述べ、内山先生が
本場奄美大島紬協同組合の資料などを使って説明してくださった。

7センチほど織って、針で調整していくからきれいな柄が織れる
締め機が発達したから どんな柄も表現できるようになった
大島紬は絣のダイアモンドと呼ばれている・・・

なるほどなるほど・・・
実際に大島紬のハギレを目の前にして、みんなの感想、そして先生のお話を聞くと 
とっても興味深く、楽しい


今年一年間、伝統工芸士を講師に招くなどして、本場奄美大島紬の技術 歴史を学び、織りや着付けを体験するというこの講座

これからが楽しみです

以下は地元新聞から・・・
a0039721_16254530.jpg
奄美新聞

a0039721_1626820.jpg
南海日日新聞



By tsumugimusume

by amamikankoubussan | 2008-06-10 16:30 | 大島紬

<< NHK土曜ドラマ「ジャッジ」続...    奄美まつり >>