奄美大島観光物産協会公式ブログ 奄美のモノもの

あっという間に、2008年も12分の1が過ぎてしまいました。

2008年1月5日に行なわれた、紬の日のつどいの様子を
ちょっとだけお伝えしたいと思います。

昭和53年に制定された紬の日
今回でなんと30回目になりました。

奄美市名瀬のAiAiひろばに、
老若男女・・・ 本場真美大島紬を見につけたたくさんの方がいらして、
紬の日を盛り上げていただきました。

a0039721_10233623.jpg

写真ではなかなか伝わらないかもしれませんが、
用意した椅子に座れないほどのお客様で
雨で少し寒い奄美でしたが、会場は熱気に包まれていました。


そんな大勢のお客様の前で、シマ唄を披露してくれたのは、この二人!
a0039721_1025857.jpg

松元良作さん 山下聖子さん
お二人とも笠利町喜瀬のご出身
小さい頃から、おじいちゃん、おばあちゃんのシマ唄を聞いて育ったそうです。


お二人とも、自分で紬を着付けたんだそう  すてきですね!

二人の唄声に、会場のみんなもうっとり聞き入っていました。

シマ唄ライブの後は、市民の皆さまによる、本場奄美大島紬ショー、そして大抽選会!
これはまた、今後少しずつお伝えするとして・・・

最後はやっぱり、六調ですよね・・・
ショーに参加した方、見学にいらしたお客様、会場みんなで盛り上がりました!
a0039721_1033535.jpg


たくさんのすてきな大島紬、心地いいシマ唄、
本場奄美大島紬ショーでは、ちびっこから、素敵に歳を重ねた方々の着こなしをじっくり拝見できて・・・
 楽しいひとときでした。

すっかり気分よくしたわたしは、その後、お友達といっしょに大島紬着たまま、お食事をしてきました。

大島紬を身につけて、おいしい食事と、黒糖焼酎!
 そして、おしゃべり!
   これもまた楽しい時間になりました。

                          By Tsumugimusume
[PR]

by amamikankoubussan | 2008-02-08 10:50 | 大島紬

<< カンモーレ市場・金曜市    すきすき紬んちゅ 2008紬美人 >>