奄美大島観光物産協会公式ブログ 奄美のモノもの

ウガミンショ~ラ!

11月25日の日曜日

大和村の湯湾釜集落でムチモレ踊りが行われました。


このムチモレ踊りは、昔集落が大火に見舞われ、

その時に火消し用の水が足りずに、田んぼの泥で

火を消したのがきっかけで始まったとされています。



旧暦の10月16日に毎年行われており、

浴衣姿に身を包んだ踊り手たちが集落の全戸を回り、

各家庭から田んぼの泥に見立てたモチをもらい、

防火と家内安全を願って踊ります。

a0039721_10411640.jpg


当日は、踊り手となる男性が女性の浴衣を着て、

スカーフや風呂敷などで頭を覆い隠し、

集落のトネヤからムチモレ踊りが始まります。




観光客の方がレンタカーで来られる事も多いのですが、

集落の人から声をかけてくるのは極めて少ないです。


お酒やお菓子を持って、飲んで食べてくださいときますが、

基本的にムチモレの解説をすることはありません。




集落の人は基本的に恥ずかしがりですが、

お酒がまわってくればおしゃべりです。


声をかけて色々聞いて見ると、

もっと面白い話が聞けるかもしれません。




きっと素敵な夜にしてくれますよ・・・
[PR]

by amamikankoubussan | 2007-11-27 11:17 | イベントもろもろ

<< 離島フェア2007    まなびフェスタ >>