「ほっ」と。キャンペーン

奄美大島観光物産協会公式ブログ 奄美のモノもの

数十年に一度しか咲かないといわれているリュウゼツランが咲きました!
場所は、孤高の画家田中一村終焉の家の前。
9月頃から急に成長し始め、約15mほどになりました。
a0039721_1651155.jpg

一村の家とリュウゼツラン

a0039721_1712661.jpg

リュウゼツランの花

by シマヒロシ
[PR]

# by amamikankoubussan | 2005-10-26 17:04 | 奄美の色♪

大阪行ってきました!

 ↓にて紹介しました。中くんがやっているブログです。奄美への思いが詰まってるので是非観てください。

 シマンチュば、応援すろーでぃ!
[PR]

# by amamikankoubussan | 2005-10-24 18:31 | 告知☆お知らせ

 どうかどうか!
元気し いもりゅん?!10月も終盤になりょてぃ、わきゃ島もにゃぁり、ひぎゅさくなりょうた!
(元気ですか?!10月も終盤になって、私たちの島も少し寒くなっ
たよ!)
 気温22℃(午後6時現在、名瀬市役所4階ベランダ)
 きのうの日曜日は敬老会(旧暦)のお祝い・行事が各地・各集落で色々催され色々忙しい週末でした。

 さてさて、只今インターネットサイトexciteにて奄美が誇る唄者中くんの特集を掲載しております。9月7日に「マテリア」というアルバムタイトルでCDを出しました。奄美のシマ唄で鍛えた声をポップスに乗せ歌い上げています。どうぞご覧ください。
http://www.excite.co.jp/
 ↑エキサイトトップページ
http://www.excite.co.jp/music/store/special/atari_kousuke/
 ↑中くんのページ

担当 サーモン
/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_

奄美大島観光物産協会
http://www5.synapse.ne.jp/amami-bussan/index.html

/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_
[PR]

# by amamikankoubussan | 2005-10-24 18:27 | 告知☆お知らせ

くまや、だーち思ゆん?(ここどこだと思う?)
a0039721_15493337.jpg
答えは・・・  ちゅうか写真に通り名 書いてあるし!
そうです。名瀬市の中心市街地中央通り(ティダモール)です。
しかし、どこか違う・・・・。見慣れた屋根がない!
 現在、アーケードの屋根 老朽化のため架け替え中。
41年ぶりだそうです。

今日の天気 : 晴れ
今日の気温 : 26℃(市役所4階外)
午後3時30分
[PR]

# by amamikankoubussan | 2005-10-18 16:01 | 奄美の色♪

 どぅくさし、いもりゅん?!(お元気ですか?!)
きのう今日あたりから奄美(名瀬)は涼しくなりました。
名瀬市役所から見える名瀬市の様子です↓
a0039721_15551722.jpg

PM3:00 名瀬市役所から
気温26度(市役所4階外測定)
[PR]

# by amamikankoubussan | 2005-10-17 15:58 | 奄美の色♪

どうも、シマヒロシです。

昨日、加計呂麻へ諸鈍シバヤを鑑賞してきました。

諸鈍シバヤっち何?と、思ったあなたに簡単な説明をいたしましょう。

■■■諸鈍シバヤっちば何?■■■

 「諸鈍シバヤ(しょどんしばや)」とは、国指定重要無形民族文化財にも指定されている加計呂麻島の諸鈍の伝統芸能です。
 出演者は全て男性で、手作りの紙のお面をかぶり、頭には陣笠風の紙で作った笠、股引を履き、上は絹の服をまとい、計11演目を行います。
a0039721_1338190.jpg

 諸鈍シバヤの由来は、源平の戦いに敗れて源氏の追い討ちから逃れるために奄美大島へ渡ってきた平資盛が、加計呂麻島の諸鈍に城をかまえ、土地の人々と交流を深めるために教えたのがはじまりとされています。

 現在は、旧暦9月9日に資盛を祀っている大屯神社(おおちょんじんじゃ)の境内で踊りをしています。
a0039721_12194571.jpg

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 
 僕も今回初めてみたんですが、想像以上に面白かった。

a0039721_122148.jpg

 
国指定重要無形民族文化財っちなんかいうから、なんか堅い感じしてかしこまっちゃうんですが、まるで喜劇やパントマイムを観ているような面白さ。

出演者の動きがとてもコミカルで会場のあちこちで笑いが起こっていました。
a0039721_12221654.jpg

 踊りをする後ろには「楽屋」なるものが設けられており、全ての演目は音楽に合わせてそこから入退場をするシステム。

出演者が浜におりてみそぎをしたあと神社に戻って始まりとなります。
a0039721_13361857.jpg


演じられる内容は、踊りあり、人形劇ありとどれも観客をあきさせないものでした。
特に僕がおすすめしたいのが、「ドットドン」という演目。いつの間にか、すり替えられてしまった自分の琵琶を探し求めて川を渡る座頭の姿をユーモラスに演じており、これまた笑える動きでした。
a0039721_1337036.jpg


集落の人々が代々受け継いできたこの伝統芸能。自分たちが継承する!という硬い意思が感じられます。これさえあれば今後も大丈夫!!また、同じ島に生まれた我々も影ながら応援します。

/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_

               奄美大島観光物産協会
      http://www5.synapse.ne.jp/amami-bussan/index.html

   /_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_
[PR]

# by amamikankoubussan | 2005-10-12 13:43 | イベントもろもろ