奄美大島観光物産協会公式ブログ 奄美のモノもの

どうも~
今日は、5/8(火)開催された「本場奄美大島紬洋装化研修会」の様子をご紹介しま~す!

この研修会は夢工房グループのオーナー・デザイナーである古賀清子先生を迎え、「大島紬の洋装生地としての可能性」、「洋装としてのデザイン・販売化」をテーマに講演。




古賀先生はファッション業界から、「雅と品格の魔術師」と呼ばれており、日本の和の美しさと技術力を熟知、洋装の品格と機能性を探求した作品を創り出しています。

今回の研修で古賀先生は、「大島紬は軽い、暖かい、着やすい。宝石で言えばダイヤです。着物としての大島紬は着る機会が少ない人が、洋装化することにより、着用の頻度も高まり、全国的にも紬をPRすることができる。」とおっしゃってました。
また、作業工程のシステム化、インターネットの重要性についても強調していました。

50代、60代になるとパソコンやインターネットとか「自分にはできない」と言われる方がいるが、「これしかできないという事はない!なんでもできる!考え方の切り替えが必要!」古賀先生自身も最近タブレット端末の操作もするようになったとの事!





いつでも前を向いて何かにチャレンジする人は素敵ですね。
私もこういう風に年を重ねたいと思いました。

「雅と品格の魔術師」古賀先生の作品↓




参加者1人1人が古賀先生に質問↓



休憩時間でも古賀先生を捕まえて質問する熱心な参加者たち。





今後の紬の発展に期待したいです!!!

icon168ネギicon168
[PR]

by amamikankoubussan | 2012-05-10 10:21 | 大島紬

<< 世紀の天体ショー    【お知らせ】シマ博実施者説明会 >>